日蓮大聖人一代記

日蓮聖人一代記・清雲寺の文化財、畳一畳の板額絵90枚

本堂内に、板絵(1畳程の大きさ)90枚がございます。貴重な日蓮聖人の一代記となり伊豆市指定有形文化財となっております。板絵には番号がございますので、順番にご覧頂ければ日蓮大聖人の一生を知ることができます。

清雲寺日蓮上人一代記

日蓮聖人がお生まれになってからご入滅までの一代記となります。板絵は1番~90番まで順番にご覧下さい。板絵にはその当時(明治)に奉納頂いた檀家のお名前を記載しております。今では、ご先祖が奉納した板絵という事でその板絵の前で合掌される檀家(末代)も多くその家に代々語り継がれているのです。色あせることなく当時のままの姿です。最近では、外国人の参拝も増えました。とても興味があるようで、時間をかけてゆっくりご覧になっています。住職や寺務がいるときは、ご説明など致します。但し、法務都合でご対応できない場合もございますのでご了承ください。煌びやかな本堂含め、是非ご覧下さい。

関連ページ

・寺院概要
・本堂境内
・長寿の石段77段(七面天女)
・御首題、御朱印
・アクセスマップ
・トップページに戻る