清雲寺最新情報

清雲寺 大祈祷会 平成30年12月23日(日)午後2時より本堂にて

清雲寺 大祈祷会
平成30年12月23日(日)午後2時より本堂において大祈祷会を行います。地元檀家の方には世話人を通じお申込みを承ります。ご遠方の檀家に皆様には個別で大祈祷会のお申込み案内を郵送致します。平成31年が開運招福となりますよう皆様とご一緒に御祈祷致します。是非、ご参加ください。


2019年(平成31年)厄除け表、方位除け表


平成30年お会式 伊豆 日蓮宗清雲寺 伊豆の盛大なお会式


平成30年11月12日(月)
清雲寺お会式[◆お会式のご案内]



野澤松也 義太夫三味線演奏会を清雲寺で開催 入場無料です
清雲寺歌舞伎義太夫三味線演奏会 野澤松也氏 3月19日月曜日16:00から、無料


「ご縁に感謝」この度、歌舞伎義太夫三味線奏者 野澤松也氏の義太夫三味線演奏会を清雲寺本堂において開催することになりました。舞台を務める傍ら、「日本の伝統文化は地球を救う!」をキャッチフレーズに掲げ、ライフワークとして、昔話や民話、土地に伝わる話等を浄瑠璃風にアレンジした作品に作曲し、「創作浄瑠璃」を生み出し続け、一人でも多くの人たちに「三味線や浄瑠璃」を身近に触れてもらえる機会を作ろうと、弾き語りでライブ活動を行い、小学生から大人まで日本各地で伝えております。清雲寺本堂内陣での演奏を是非お楽しみください。入堂無料、事前予約申込み不要、どなたでもご覧いただけます。


歌舞伎義太夫三味線奏者 野澤松也ホームページ
野澤松也氏HP

歌舞伎義太夫三味線奏者
重要無形文化財総合指定保持者
1955年 広島市生まれ
1969年 母の勧めで三味線を始める(当時一四歳)
1972年 国立劇場第一期文楽研修生になる
1974年 研修終了。野澤松之輔の内弟子となる 同年四月、国立劇場文楽公演で初舞台
1979年 松竹歌舞伎に入る 国立劇場『仮名手本忠臣蔵』で歌舞伎の三味線方として初舞台
1999年 重要無形文化財総合指定保持者になる
2004年 『創作浄瑠璃の会』設立。創作浄瑠璃の弾き語り活動開始
2016年 『三味似粋人ジャパン』設立

現在、松竹歌舞伎(東京 歌舞伎座、国立劇場、新橋演舞場、京都 南座、大阪 松竹座、名古屋 御園座、福岡 博多座、等)で演奏。「児雷也豪傑譚話」「NINAGAWA 十二夜」他を作曲。同時に、国立劇場研修生講師、学習院大学非常勤講師を務めるなど、演奏家、講師として活動中。

関連ページ

・寺院概要
・本堂境内案内
・アクセスマップ
・トップページに戻る